FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の茶

ウチの店は深蒸し茶を主に扱っていますが、
唯一、浅蒸しの商品があります

それが『天空の茶』です

ten_0.jpg

お茶業界の古い知り合いから、
静岡県最北端でこだわったお茶を
作っている酪農家が居る事は聞いていました

tennkuu_0.jpg

静岡県最北端の茶畑 標高は約1000m
どのようなお茶なのか、ずっと興味がありました
そして一昨年の2010年、ついに見学に行かせて頂きました

tennkuu_3.jpg

tennkuu_5.jpg

30年ぐらい前に静岡県春野町に叔母がいたので、春野町にはよく行きました。
春野町もかなり山奥でしたが、ここはもっと山奥の茶畑です

天竜川の上流で、今は市町村合併で浜松市ですが、
浜松駅までは車で何時間もかかります
平らな土地が無いため急斜面を畑にしてお茶をつくっていたり
段々畑にしてつくっていました

tennkuu_2.jpg

tennkuu_4.jpg

この地域では深蒸し茶は作っていません
昔ながらの浅蒸し茶です
しかし、浅蒸しでもこんなに美味しいお茶があるのかと
ビックリしたお茶に出会えました


生産者は佐久間町大井の小島好太郎さん
小島さんは奥様とお二人でご自宅のまわりにある茶畑から
摘んできたお茶を小さな機械で揉んでいました

丁寧にお茶を造るには理想的な工場で、
小島さんは機械に詳しく、いいお茶ができるように
いろいろな所を改造していました

茶畑はもちろん有機栽培で、摘んできた茶葉はすべて確認して
切れている茶葉は苦みが出るので使わないという徹底ぶりでした


ten_2.jpg
-->写真をクリックして見てください。茶葉が本当に綺麗です

揉み方も、それぞれの機械の温度を高くしない『冷や揉み』と言う
揉み方で時間をかけて非常に丁寧に心をこめて造っています

浅蒸し茶もいろいろ飲みましたが、
こんなに美味しいお茶に出会えた事に嬉しくなりました


天空のお茶を淹れる際に注意してほしい事は2つあります
・お湯の温度は70度前後 (熱湯は厳禁です)
・浸出時間は90秒前後 (急須を揺すらず、静かに待ちましょう)

ten_4.jpg

写真の通り、深蒸しに比べて色は薄く小金色です
しかし、焙煎火を強めにしているため口に入れた瞬間、
香ばしい香り、ほのかな渋みが口の中に広がります

こんなに美味しい浅蒸し茶には
なかなか出会えないと思います

商品の購入はこちら--->オンラインショップにて承ります


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://masudaen.blog.fc2.com/tb.php/15-9076fe77

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

masudaen1927

Author:masudaen1927
東京都の下町、荒川区でお茶屋を営んでいる増田園からの日記です。

Japanese Green Tea Shop in Tokyo. Owner's finely selected Shizuoka Brand high quality Tea with unique wrapping package designed by Keisuke Serizawa, Japanese textile designer.

店のホームページはここをクリック

オンラインショップはここをクリック

facebookはここをクリック

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。