スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例12月の全品2割引き!

増田園にて毎年恒例、12月の全品2割引きを
12月1日(日)~12月4日(水)の四日間行います


blog用1
blog用2

煎茶、薔薇茶、急須と何から何まで
全て2割引きとなっており、大変お買い得です。
常連さんはもちろんのこと、今まで増田園にご来店した事のないお客様も
この機会に是非、足を運んでみて下さい!


※地方に在住のご来店できないお客様へ

電話でのご注文も承っております
フリーダイヤル:0120-51-1188

送料:10000円以上…無料
   5000円以上…300円
   5000円以下…通常料金
   100g袋3袋までのお客様…80円

どのような商品があるかはこちらをご覧ください→商品紹介



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ


このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

ほうじ茶でホッと幸せに

ほうじ茶、香りよく、私も大好きなお茶の一つです。
そのほうじ茶、緑茶にはない「幸せパワー」があるんです。

ほうじ茶1

ほうじ茶と緑茶それぞれを飲んだときのリラックス度を調べました。
緑茶には、リラックス効果の元となるテアニンという成分が豊富に含まれていますが、
ほうじ茶に含まれるテアニンの量は煎茶の100分の1ほど、
緑茶ほどのリラックス効果はなさそうです。

ところが、ほうじ茶を飲むと緑茶を飲んだ時と同じくらいのリラックス効果が得られます。
さらに、茶葉をほうじて出てきた香りをかぐと、お茶を飲んでいないのに
飲んだ時と変わらないくらいのリラックス効果が生まれているのです。

ほうじ茶2

茶葉をほうじることで、なぜこのような驚きの香りパワーが生まれるのでしょうか?
ほうじ茶を製造している時の香りを詳しく調べたところ、
若葉やかんきつ系の香り、花の香り、ナッツやコーヒー豆の香りなど
さまざまな種類の香りが出てきていることがわかりました。

お茶には、もともと300種類以上の香り成分が含まれていますが
そのほとんどは糖とくっついていて、茶葉の中で封印されている状態です。
ところが、機械で加熱されるにつれ、香り成分は糖から離れて外に出られるようになります。
若葉や花の香り等は、もともとお茶に潜んでいた香りだったのです。
また、一定の温度以上になると、糖とアミノ酸がくっついてアミノカルボニル反応が起こり、
香ばしい焙煎香も生まれます。

ほうじ茶は、こうした豊かな香りを茶葉からお湯に抽出して味わう
とってもぜいたくなお茶なのです。

増田園のほうじ茶「薄紅葉」は,より香り高くなりますよう茎茶をほうじています。
100g525円で販売しております。




にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

お湯の温度で変わる味

「高級なお茶ほど、冷ましたお湯で淹れましょう」
皆さんよくお聞きになると思います。

では、なぜなんでしょう。
それは日本茶の代表的な味成分、アミノ酸とカテキン類の特性が現れるからです。

blog用3

増田園一番人気、煎茶「水仙」で熱いお湯と冷ましたお湯とで淹れてみました。
茶葉は3g、お湯は100cc、お湯の温度は電気ポットの表示で95度と80度淹れました。

blog用4

左が95度、右が80度で淹れました。
写真では分かりずらいですが、95度の方が水色が濃いです。
口に含みますと80度の方は甘みがあり、95度の方は苦渋みがありました。

お茶には多くの味成分、香り成分が含まれていて、そのバランスでお茶の味が決まるのですが、
中でも代表的な味成分が、うま味やあまみの成分であるアミノ酸と、苦渋味の成分であるカテキン類です。

アミノ酸は低い温度でも溶けやすいのに対し、カテキン類は比較的高温で溶けやすくなる特性があります。
お茶の持つカテキン類には数種類があり、特に苦みが強く含有量も多いエピガロカテキンガレートは特に高温で溶けやすい成分です。
つまり、お湯の温度が高いほどカテキン類が多く溶け出し、苦渋味が強くなります。
また、上級茶はアミノ酸を下級茶の数倍の量を含んでいますが、一方のカテキン類は、
上級茶、下級茶共にかなり多くの量を含んでいます。

つまり、上級茶はアミノ酸とカテキンの両方を多く含んでいるので、熱いお湯で淹れると、
うま味成分だけでなく苦渋味成分も多く出てしまい、上級茶本来の持ち味である
濃厚なうま味を殺すことになってしまいます。

したがって、ぬるめのお湯でゆっくりとアミノ酸のうま味を引き出すように
淹れるのが良いとされています。

一般的な“おいしいお茶の淹れ方”は頭にいれておいて、それだけに固執するのではなく
自分の好みに合った“おいしいお茶の淹れ方”を見つけて
お茶をよりいっそうお楽しみください。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

来年の干支の土鈴

来年の干支、馬の土鈴と人形が石神井公園で土鈴の店「鈴蔵」から人形が届きました。
増田園でも販売致しますので、数点ご紹介させていただきます。

blog bbb

こちらは佐賀県を代表する郷土玩具で昭和20年に生まれたもので、
来年の50円切手のモデルにも採用されており、
色合いも美しくとても出来の良い逸品です。
販売価格は3045円となっております。



wブログ用

こちらは山梨県の陶芸家、三浦珠鈴さんの作品です。
シンプルなのにどこか新鮮なデザインと、
外側の鈴の玉が非常に可愛らしい土鈴です。
販売価格は1365円になります。



blog as

こちらは、だるまで有名な群馬県高崎のだるま屋さんが作った手作り張り子です。
まるで会津の赤ベコのように首をくるくると動かす姿がなんとも可愛らしいです。
大きい方が1050円、小さい方は525円です。



blog aaa

こちらは「鈴蔵」の手作り土鈴、親子土鈴1260円、お多福土鈴997円です。
お多福土鈴は福が多い年になります(鳴る)ようにと作ったものです。

鈴蔵は私の姉が石神井公園の隣に開いている、土鈴、郷土玩具のお店です。
ご興味の御有りの方はご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

御歳暮先取りセール

最近、肌寒くなってきましたね。
早いもので今年もあと二ヵ月、そろそろ御歳暮の時期になります

皆さんは、今年お世話になった方へ贈り物のご予定はございますか?
増田園では日頃の感謝こめて

オンラインショップ限定!
御歳暮先取りセールを開催いたします


本日より残月3缶入り、及び水仙3缶入りが2割引きとなっております

御歳暮blog3

残月3缶入り、通常価格5145円→4116円

御歳暮blog2

水仙3缶入り、通常価格3570円→2856円


御歳暮blog


手触り、茶葉の色、香気、水色、滋味、
毎年、何種類ものお茶を試飲して商品作りをしています
口に含んだ瞬間、口の中に広がる甘み、濃く、香ばしい香味、
何杯飲んでも飽きのこないお茶です


人間国宝、芹沢銈介先生デザインの商品は
見た目にもとても素晴らしい贈り物だと思います

日頃お世話になっている方へ、
是非、増田園のお茶を感謝の気持ちを込めて



御歳暮先取りセールは11/30日までです。
この機会にどうぞご利用下さいませ

◎送料はこちらになります◎
420円→東京、神奈川、埼玉、千葉
530円→茨城、栃木、群馬、中部、北陸、南東北
630円→北東北、関西
740円→中国
840円→四国
950円→北海道、九州
1050円→沖縄

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
プロフィール

masudaen1927

Author:masudaen1927
東京都の下町、荒川区でお茶屋を営んでいる増田園からの日記です。

Japanese Green Tea Shop in Tokyo. Owner's finely selected Shizuoka Brand high quality Tea with unique wrapping package designed by Keisuke Serizawa, Japanese textile designer.

店のホームページはここをクリック

オンラインショップはここをクリック

facebookはここをクリック

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。