FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萬古急須

昭和30年代中ごろから急須の産地、愛知県常滑、三重県四日市では
急須の品評会が毎年開催されていました。

陶器が好きだった父は、もちろん急須も好きでしたので
常滑、四日市と毎年出かけていました。
私も学生時代から一緒に何回も行きました。

写真の急須は、昭和51年の第18回四日市萬古急須品評会で
通商産業大臣賞を受賞しました「美月」さんの作品です。

aaaa.jpg


表面の画は綺麗に彫られ銀色に彩られており、非常に美しく仕上がっております。
私は多くの萬古急須を見てきましたが、このような形の物は今まで見た事がありません。




急須blog用

もちろん販売もしております。
価格は店頭にて

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

雪柳(お抹茶)

増田園の抹茶のパッケージが新しくなりました。
駿河抹茶「雪柳」、もちろん、芹沢銈介先生のデザインです。

1日記用

抹茶と言うと京都、宇治とほとんどの方が頭に浮かぶと思います。
増田園の駿河抹茶「雪柳」は名前のとおり静岡県産です。
先代、拡益の出身地、今は市町村合併で静岡県藤枝市岡部町となりましたが、
戦前は朝比奈と呼ばれていた地域で生産されたお茶です。


朝比奈では戦前から静岡県内で唯一、玉露を生産していました。
煎茶と玉露の茶園では茶の木は同じですが、栽培方法が少し違います。
ですが、玉露と抹茶では栽培から摘むまではほぼ同じですので
二十年ほど前から抹茶作りを研究してきたため、増田園では十数年前から販売しています。


2日記用

抹茶は苦いとお思いの方が多いようですが、
増田園の駿河抹茶「雪柳」は苦くありません。
香りよく、ほのかに甘みもコクがあり、
とても飲みやすく仕上がっております。

皆さんも機会があれば是非一度ご賞味ください。
御一つ、30g入り、1050円となっております。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
プロフィール

masudaen1927

Author:masudaen1927
東京都の下町、荒川区でお茶屋を営んでいる増田園からの日記です。

Japanese Green Tea Shop in Tokyo. Owner's finely selected Shizuoka Brand high quality Tea with unique wrapping package designed by Keisuke Serizawa, Japanese textile designer.

店のホームページはここをクリック

オンラインショップはここをクリック

facebookはここをクリック

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。