スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テアニンの働き

前回に引き続き、今回は緑茶に含まれるテアニンについて書きたいと思います。緑茶の旨味を出す成分としてアミノ酸があり、このアミノ酸の中心を成すのがテアニンとグルタミン酸です。また緑茶には20種類のアミノ酸が含まれていますが、その中でも、このテアニンが抜きんでて多いのも特徴です。

このテアニンという成分、東京女子医大、竹宮敏子先生の著書でも、最も注目している成分と述べられており、次の二つの特筆した生理作用があります。


buroguyou2.jpg

・リラックス効果
まず、「副交感神経系の活動を促す力」があります。副交感神経というのは、自律神経系に属したもので、緊張に関わる交感神経と拮抗して働く安らぎを生む神経のことです。脳から出て動脈・顔面・舌咽・迷走・骨盤内臓のそれぞれの神経を通って心臓・腎臓・肺などの器官に入っているものです。つまり、テアニンにはこれら身体の細部に通っている神経の活動をリフレッシュする力があるというわけです。

次に、「脳波・アルファ波の出る回数を増やし、時間も長くする」という働きがあります。脳波やアルファ波は脳がリラックスしている時に出てくるもので、これの回数が増えるというのは脳が活発に働ける状態にすることの証明となります。そして、緑茶に含まれるカフェインの働きを効き過ぎない様に抑制する作用もあります。


as.jpg

・血圧低下作用
高血圧自然発症の実験用ラットにテアニンの成分を与えると、量に比例して血圧が下がったという、実験結果があります。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

カフェインの働き

茶香炉


緑茶の成分には疲労回復、覚醒作用、利尿作用などを促すカフェインが入っています
夜眠くなっている時に緑茶を飲むと、頭がはっきりとし眠気が覚めるというのが
疲労回復、覚醒効果で珈琲や紅茶にはこれが多く含まれています

そして、東京女子医大、竹宮敏子先生の著書によると
緑茶のカフェインの量は「ほどよく入っている」ようで
珈琲のようにあまり量が多いと人体の機能に無理を強いてしまい
身体機能に悪影響を与えてしまいます。

しかし、緑茶の場合、湯呑一杯の中に含まれるカフェインの量はおよそ30~40mg程度で
カフェインは一度に500mg以上を取ると覚醒作用が強く働き
めまいや不整脈といった事が起こってしまいます

ところが、緑茶にはこうしたカフェインの働きを抑制する
テアニンという成分が含まれています
このテアニンについては次回紹介したいと思います

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

緑茶・紅茶を飲んでは害になる持病

IMGP4404.jpg

緑茶は世間一般では、非常に身体に良いと言われていますが
緑茶、紅茶を飲んではダメな持病の例があります。

それは、東京女子医大、竹宮敏子先生の著書によりますと
「尿路結石」の症状をもっている人だそうです

尿路結石というのは腎臓で生じた結石が初めは腎臓の中にあるのですが
そのうち尿路をふさいでしまう事もあるというものです

結石が小さい場合は水やビールなどを飲んで尿が大量にでるようにして
その勢いで押し流すことなどもできますが、大きくなって尿管を塞いでしまうような時には
レーザー衝撃による砕石後の排石や、場合によっては開腹手術を施して
尿管を切開して取り出さなねればなりません

この結石を作る原因が「シュウ酸」なのです
ですから、シュウ酸の成分を含むものは制限が必要なのです
シュウ酸を含む食物、飲料としては
ほうれん草、大根おろし、緑茶、紅茶、チョコレートなどがあります

しかし、上記のような食物、飲料を摂る場合はカルシウムを同時に採ると
結石を作る作用を押さえることができます


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

熱いお茶で夏バテを防ぐ

毎日、記録的な暑さですね
その暑さに負けて食欲減退、水っぽいものばかりとっていると
秋口にはげっそりとしてスタミナがなくなります

夏負けしないためにも、
水を飲むかわりにお茶を飲むことを
習慣にしてはいかがでしょうか?

水は胃液をうすめてしまい体力を消耗しますが
お茶は消化を助けることができるので、逆に食欲も回復します
水を飲みすぎると、水溶性のビタミンは水とともに体外へ出てしまい
これは夏バテの原因を作ります

お茶にはビタミンCが多量に含まれていて、
不足しがちなビタミンを補うこともできます

お茶


香港では夏場は、漢方薬24種類を煎じているという涼茶(りょんちゃ)を売っています
涼茶といっても熱いものもあり、コップ一杯を立ち飲みすると、夏バテを防ぐことができると言われています
湿度の高い香港で、食欲を旺盛にしてくれるのはこの涼茶にほかなりません

暑いときに冷たいものを飲むのは、一時的にとてもいい気分ですが
むしろ、熱いお茶を飲んで汗をかくことで、体の熱を発散させることが理にかなっています

まだまだ暑い日がつづきます、熱いお茶を飲んでこの夏を乗り切ってください

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。

第2回 街なか商店塾

街なか商店塾とは、商店主等が、自店を会場にして、商品の由来や製造方法の説明、健康・美容・食育等、皆さんが日頃興味を持っているテーマを取り上げて紹介するミニ講座です。
 講座では、旬の野菜の見分け方、日本茶の美味しい入れ方、プロが教えるメイク術など、店主が親切・丁寧にお話します。
 この街なか商店塾は、今年2月、東京23区で初めて取り組み、テレビ・ラジオ等で激賞されました。今回は参加店、講座数も増えて、ラインナップも様々です。

公式HPより)



IMG_3669.jpg

この、街なか商店塾に増田園が再び参加する事になりました。
詳しくはこちら

街中商店塾【お茶の淹れ方教室】 2013.2.4

街中商店塾【お茶の淹れ方教室】 2013.3.4

前回の【お茶の淹れ方教室】では、あらかわケーブルテレビさんや
定員人数を超えそうになる程、沢山の方々に参加して頂きました
今回も皆様のご参加を心より御待ちしております



当日は以下を予定しています。
1.急須の使い・選び方
  急須の基本的な使い方などをお伝えいたします
2.淹れ方ステップ1.2.3
  おいしく淹れるコツをお伝えします
3.お茶の時間
  実際にお茶を淹れましょう。お茶に合うお菓子と一緒

[会場] ㈲増田園
[定員] 6名
[持ち物] なし
[材料費] 500円
[日時] 8/25(日) 13:30~14:30、9/8(日) 13:30~14:30、9/22(日) 13:30~14:30

【参加ご希望の方はお電話または、メールにてご予約を承ります】
 Tel : 03-3800-1115
 Mail: rmasuda@masudaen.jp

 ご予約の際は、以下をお知らせください。
 ・参加希望日時(8/25(日)、9/8(日)、9/22(日))
 ・お名前
 ・人数



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



このブログはブログランキングに参加しています
もし、良ければクリックをお願いします。
プロフィール

masudaen1927

Author:masudaen1927
東京都の下町、荒川区でお茶屋を営んでいる増田園からの日記です。

Japanese Green Tea Shop in Tokyo. Owner's finely selected Shizuoka Brand high quality Tea with unique wrapping package designed by Keisuke Serizawa, Japanese textile designer.

店のホームページはここをクリック

オンラインショップはここをクリック

facebookはここをクリック

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。